ピカールの野菜レシピ

brunoise

1906年。レイモン・ピカールが、生鮮食品を鉄道で運べるようにと氷の塊を製造し始めた。会社の名前は《フォンテンブローの氷屋》。冷蔵庫ができる前のことだ。 1962年。北欧やイギリスで既に行われていたことにヒントを得て、冷 […]

パティスリー・ボントン

パティスリーボントン

金融界のビジネスウーマンだったフィオナは自称“偏執的な食いしん坊”。ある日サブレを作ってご主人に食べさせたら「ひっくり返って狂喜した」。パティシエに転向しよう!と決めたのはその時。 10年勤めた銀行を辞め、妹夫婦の助けを […]

グリズビ

レストラン グリズビ/ Grisbi

オペラ界隈、メトロ、ブルスから歩いてすぐのレストラン。美味しいと聞いて行ってみた。 グリズビーは、カルト映画になっている『Tontons flingueurs』(1963)から取っていて、“現金”の意味。店内には当時の映 […]

モンジュル

レストラン モンジュル | Monjul

マレの一画にあるこじんまりとしたレストラン、モンジュル。そのシェフ、ジュリアン・アゴベールの経歴は華々しい:プラザ・アテネ、ル・ローラン(ミシュラン1つ星、政界人のファンも多い)、ル・テレグラフ(歴史的建造物に指定された […]

カボチャ

カボチャ | Potimarron、Potiron、Citrouille

ハロウィーンが近づく頃から冬の間じゅう市場に登場するPotimarron。鮮やかなオレンジ色と、ぽってりした形が可愛くて、つい手にとってしまう。「Potimarron ポティマロン」とは、文字通り、カボチャ/Potiro […]

レ・スィルコンスタンス

レストラン レ・スィルコンスタンス | les Circonstances

最近評判のお店のひとつはオペラ界隈、メトロ、グラン・ブルヴァールから出てすぐ。お店は満員で、ネクタイ姿が多いのを見ると、近所の社用族のお気に入りらしい。 黒板に書かれたその日のメニュー: -アントレ- クリーミーな水牛の […]

カイユボット

レストラン カイユボット/Caillebotte

グルメ通りとして知られるマルティーユ通りからちょっと入ったところ。入ると目の前に大理石のカウンター席とオープンキッチン、右のスペースが「わっ広い!」と見えたのは鏡のせいだったけど、それなりに広い。天井から下がるランプ、白 […]

コージャン

コージャン | Cojean

限られた滞在期間の中で、買い物の途中で、レストランで待たされるのはイライラする。でも美味しいものが食べたい。ここコージャンはグルメなファーストフードで人気、パリ中に22店舗ある。友達と買い物中に「ちょっとお腹が空いたね」 […]

パティスリー・デ・レーヴ

パティスリー・デ・レーヴ/ Pâtisserie des rêves

ロンドンに6件目のパティスリー・デ・レーヴ(夢のお菓子屋)を開いたフィリップ・コンティシニ(50歳)。 お店にはパリ・ブレスト、エクレア、サントノレ、ミルフュイユ、季節の果物タルトなどが、ガラスのドームに入って並んでいる […]

1 / 1812345...10...Last »