アンコウ

レシピ:アンコウ串焼き

フランスでも冬を代表する魚はアンコウ。ぷりぷりとした歯ごたえ、繊細な甘み、淡白な味わいで、オマール海老にも引けを取らない人気がある。 しんしんと冷え込む真冬は、アンコウ鍋で温まりたいところだが、フランスでは難しい。こちら […]

イカ

レシピ パエリヤ

世界に500種類はあるといわれるイカ。浅い海から深海まで、全世界の海に生息する。 日本は世界一のイカ消費国で、世界の年間漁獲量の約半分を食べている。人種の坩堝(るつぼ)パリでは、イカを食べないアングロサクソン、アラブ、ユ […]

カフェめし・卵編

卵

パリのカフェめしは、高くてまずいのが定説だ。メイン一皿で10〜16ユーロ(約1000〜1600円)は当たり前。マレ、バスチーユ、サン・マルタン運河界隈に良心的な店もあるが、カフェはあくまで、待ち合わせに使ったり、アペリテ […]

夏はステーキ!牛肉レシピ

タルタルステーキ・パルメザン

タルタルステーキ・パルメザン 材料(2-3人分) ランプなど脂身の少ない柔らかい部位300g、エシャロットのみじん切り1/2個、松の実のロースト大さじ1、パルメザンチーズくるみ大、ルッコラ数枚、オリーブオイル大さじ4、塩 […]

保存版:牛肉の部位

牛肉レシピ

フランスと日本の一番の違いは、その部位の種類の多さ。肉食人種の彼らは頭から尻尾まで食べつくす。そして食べごろの牛の年齢にある。 南ブルゴーニュのシャロレー、リモージュ焼で有名なリムーザン、オーベルニュ地方のサレール、中央 […]

ムール貝

レシピ ムール・フリット

フランスのムール貝は、大西洋で獲れるブーショBouchotと呼ばれる品種が、小粒だが味がいい。パエリヤにかかせない大粒のスペイン産やオランダ産より柔らかく、海の旨みが凝縮している。生ガキがハレの日のご馳走なら、ムール貝は […]

年越しのご馳走

年越しのご馳走 | ロブスターのグリル

家族や友達とご馳走を食べるシーズン。フランスのクリスマスは日本のお正月のように家族が集まる大切な行事だ。一方、大晦日は気心知れた友人と飲んで騒ぐ。 どの家庭も、普段よりは洒落こんでご馳走を食べる。生ガキ、貝柱、ヒラメ(T […]

ボージョレ・ヌーヴォーにスペアリブ!

ボージョレ・ヌーヴォーbeaujolais nouveau2011

フランスでは一時ほど騒がれなくなったボージョレ・ヌーヴォー。 「作られてわずか10週間の“ブドウジュース”に5ユーロ(日本ではもっと高い)も払えるか!」というのがその理由らしいけど。そうは言ってもヌーヴォー解禁は友達と集 […]

豚肉

トンカツ2

フランスでは自宅に友人を招くのが日常的な習慣。学生も独身貴族も子持ちファミリーも老夫婦も、それぞれのやり方で食事会を催す。何も特別なメニューや高価な食材で、背伸びする必要はなし。肩肘張らず、会ってお喋りを楽しむことが大切 […]

鯛タルタル レシピ

日本で高級魚の代名詞といえば鯛。活造り、塩焼き、酒蒸し、かぶと煮、鯛飯…思い浮かべただけで生唾がこみ上げてくる。お祝い事にかかせない縁起物だ。 一方、フランスで鯛は、ずっと身近な存在。タラやカジキマグロより安く、朝市の終 […]

1 / 212