たかが世界の終わり|Juste la fin du monde

たかが世界の終わり / Juste la fin du monde

「12年間、家族に会っていない。そこへ突然、食事をしようなんて。 失った時間を取り戻すため? 残された時間を告げるため? 怖がることなんかない。 仲良く再会して、小説のようにハッピーエンドになるかもしれない。 あるいは批 […]

太陽のめざめ

『太陽のめざめ』

父親を知らず、未熟で貧しい母親に育てられたマロニーは、愛情の飢えを怒りと反抗でしか表現できない子供だった。手に負えない息子が足手まといになってきた母親は、6歳のマロニーを未成年専門の判事、フローランスに託す。 10年後、 […]

モン・ロワ

マイウェン監督作品『Mon roi/私の王様』

スキーで複雑骨折したトニー(男性の名前だけど女性)は海辺のリハビリセンターに滞在している。苦しいリハビリ訓練の合間、ジョルジオとの過去を振り返る。:ジェットコースターのように幸福の絶頂に上り、同じスピードで転落した、Mo […]

Ni le ciel ni la terre

Ni le ciel ni la terre | 天と地の間で

2014年、アフガニスタン。 フランス軍撤退が近づき、ボナシユー大尉の小隊は、パキスタン国境の谷、Wakhanを監視する使命を受けていた。 ボナシユーはその名前、アンタレス(星)のように、やる気に燃えるキャプテンだ。 最 […]

ディーパン

ジャック・オーディアール『Dheepan』

内戦のスリランカからフランスに亡命しようとするタミル人ディーパン。家族のほうが受け入れられ易いという理由から、見ず知らずの女性を“妻”に、内戦で両親を亡くした9歳の少女を“子供”にして家族を構成する。 ディーパンは実は内 […]

Valley of Love

『valley of love』ユペール&ドパルデュー

かって一緒に暮らし、息子を儲けたイザベルとジェラール。離婚以来、何年も会っていなかった2人が、カリフォルニアの死の谷で再会するのは、息子ミカエルの遺書のせいだ。6ヶ月前に自殺したミカエルは、両親に、何月何日の何時に死の谷 […]

サンドラの週末

サンドラの週末

病欠の後、仕事に復帰したサンドラを解雇するか否かで社員の投票が行われた。不況の折、少しでも人件費を下げたい雇い主、「解雇する」に投票した人には1000ユーロのボーナスが出るという条件をつけた。投票の結果は「解雇する」。と […]

第40回セザール賞、予想通り・・・

セザール最優秀男優ピエール・ニネイ/pierre-niney-meilleur-acteur

10部門でノミネートされていた『Timbuktu/ティンブクトゥ』が7つのセザール像を獲得。 -最優秀作品 -最優秀監督 -最優秀オリジナルシナリオ -最優秀モンタージュ -最優秀音楽 -最優秀フォトグラフィー -最優秀 […]

サンバ

サンバ | Samba

セネガルから来たサンバは、皿洗いや日雇いの仕事を転々として10年。いい加減、滞在許可証をもらって正々堂々と仕事がしたいと奔走している。 高級管理職だったアリスは、働きすぎで“バーンアウト”し休職中。リハビリの一貫として、 […]

トロア・クール/3つの心

ブノア・ジャコ『3 coeurs』

地方都市に出張に行ったマルクはパリに帰る最終電車に乗り遅れ、シルヴィと出会う。2人は、とりとめないことを話しながら夜明けまで町を徘徊する。 始発の電車に乗るとき、マルクとシルヴィはパリで再会を約束して別れる。「○日の18 […]

1 / 41234