ヴァンドーム広場
Place Vendôme

ヴォージュ広場と並び、パリで一番有名な広場、ヴァンドーム広場。中央にヴァンドームの塔がそびえ、歴史あるジュエリー・メゾンが並び、世界で一番“ゴージャスな広場”と呼ばれている。
最初の広場の構想は、建築家ジュール・アルドゥアン=モンサールが発案:正方形の広場を作り、その周囲に図書館や貨幣館、アカデミーなど公共の建物を作る、というもの。1685年に建設が始まり、建物の正面(建物はないまま)が作られ、中央にはルイ14世の彫像が置かれる。広場はPlace Louis Grand/ ルイ大王の広場と名づけられた。
1699年、“公共の建物”案は却下され、すでに建てられた正面の後ろに、個人の邸宅が作られる。
フランス革命下(1793-1799)、“王の広場”など言語同断、Place des Piques/槍の広場と呼ばれ、ルイ14世の彫像は破壊される。
1806年、キャピュシーヌ修道院があった場所に、ラ・ペ通りが造られ、広場には、ルイ14世の彫像の代わりにヴァンドームの塔が建てられた。
ジュエリー・メゾンは当初ラ・ペ通りに集まった。フランス版モノポリーでは一番高価な道だ。
続いてヴァンドーム広場に波及、最初に店を開いたのはフレデリック・ブシュロン(1893年)。ついでルイ・フランソワ・カルティエ(1898)、ジョゼフ・ショーメ(1902)、ヴァン・クリーフ&アルペル(1906)、テクラ・モーブッサン(1955)・・・
ピアジェやロレックス、パテック・フィリップが広場にやってきたのは21世紀に入ってからだ。
そして忘れてはならない15番地。セザール・リッツが1898年に開いたホテル・リッツ。シャネルが住み、ヘミングウェイとマリー・ウェルシュの愛の巣だったホテル。ブラディ・マリーが生まれたのはここのバーだ。
ジュエリー店をはしごする人たちやリッツに出入りするお客を見ているだけで飽きないヴァンドーム広場。映画にも何度も出演している。
特にクリスマスの頃は、色を抑えたシックなイリュミネーションで煌き、ダイアモンドを散りばめたような美しさだ。

Place Vendôme

Place Vendôme
75001
メトロ:チュイルリー/Tuillerie(1番線)
コンコルド/Concorde(1.8.12番線)
オペラ/ Opéra(3.7.8番線)

フランス

ヴァンドーム広場 | Place Vendôme” への1件のコメント

  1. ピンバック: ヴァンドーム広場 ブシュロン | Boucheron Place Vendôme | フレンチ・コード french-code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>