バービー展
BARBIE

Mattel®社の創立者のひとり、ルース・ハンドラーは、娘のバーバラがモード誌の紙人形で遊んでいるのを見て、マヌカンのような人形を3Dでできないものかと思いつく。バーバラと友達は、“お母さんと子供”の人形遊びには全く関心を示さず、自分たちの将来である“若い女性”に興味を持っていたのだ。
ルースは当時男性ばかりのマテルの幹部を説得し、ドイツの広告のセクシードール、リリにヒントを得て、1959年、最初のバービーが生まれる。本名、バーバラ・ミリセント・ロバーツ。それまでの“お人形”のイメージを覆すスタイルとファッション 。家族、友達がいるが、年齢は不明。高校生、大学生、看護婦、ステュアーデスをはじめ、150種の職業を転々とする:古生物学者、ITエンジニア、レーサー、エトワールダンサー、警察署長・・・大統領選には4回出馬し、アームストロングより先に(1965年)宇宙にも行っている。

パリ、バービー展

バービーはアンディ・ウォホールはじめアーティストにインスピレーションを与え、彼女の理想的(非現実的?)なスタイルに多くのデザイナーが服を作る:ティエリー・ミュグレール、ジャン=ポール・ゴティエ、クリスチャン・ラクロワ、アニエスb・・・

パリ、バービー展

クリスチャン・ディオールのアンサンブル

パリ、バービー展

エクスポは、バービーの多種な職業、家族構成、有名デザイナーのデフィレ・・・などテーマ別に展示され、子供たちより、かってバービーで遊んだ大人たちを魅了し、半世紀のモード、カルチャーの変遷も見られる。最後、壁一面に並んだワードローブは圧巻。
2016年9月18日まで

BARBIE

Musée des Arts décoratifs
107, rue de Rivoli75001
Tel : 01 44 55 57 50
開:火~日11時~18時
木は21時まで
(チケット販売は閉館30分前まで)

107, rue de Rivoli 75001 Paris