1月10日:今日スタート、冬のソルド。来年から短縮

1月10日から2月20日まで6週間続く冬ソルド(バーゲン)を2019年から4週間へ。と経済閣外相が発表。
業界からの「6週間は長すぎる。もっと短い期間に集中したほうが、消費者の注意を引き『今買わねば!』という気を起こさせる」という要望に応えたもの。

日本と違い、夏と冬、年2回のソルドの期間は法律で決められていて、先駆けは罰金対象になる。ただしソルドは義務ではなく、イメージが大切な高級ブランドの殆どはパスしている。

時をかまわずやっている“プライベートセール”や、定価を割ったネットショップのお陰で、ソルドの有難味は年々落ちている。ソルドに行くと答えた人は、2016年は61%、2017年57%、今年は54%。
ソルドも《2度目の値下げ》(開始日から1~1週間後)までは面白いけど、その後だれてきて、2月に入ると誰も買いそうもない物しか残っていない。短縮するのは消費者にとってもいいのでは?
閣外相はソルドを短縮する代わりに『ブラックフライデーのような数日のバーゲン導入を考えている』そうだ。

2018冬のソルド