4月3日:SNCF(国鉄)長期スト始まる

国鉄(SNCF)社員の労働法改正(早期定年可、家族の無料チケット・・・など特権を廃止)、地方のマイナー線廃止、民営化の可能性などの政策に反対して、大型ストが今日始まった。週2日のストが6月28日まで続く新型長期ストで、スト日は毎週変わる。

一日目の今日、ストは予告通り実施:TGVは8本に1本、地方線TERは5本に1本運行。パリ-ロンドンのユーロスターは4本に3本、ベルギー行きのタリスは平常。一方スペイン、イタリア、スイスへの線は不通。
その結果、3日朝、イル・ド・フランスの高速道路は400㎞の渋滞となった。スト前は59%のフランス人が国鉄ストに賛同していたが、それが続くか?

国鉄ストに加えてエールフランスが賃上げ要求スト、75%が運航。
それに加えてゴミ集配人が「仕事の辛さへの理解」を求めてスト。
観光シーズンに入ったというのに、フランス人得意のスト満開。

電車も乗客もいない駅

フランス国鉄SNCFスト

4月のスト・カレンダー。赤印がスト日。

フランス国鉄SNCF スト・カレンダー