4月30日:国鉄&エールフランスのスト状況早見表

フランス国鉄SNCFのストは始まって1か月。スト参加者は減っているものの、“絶対折れない”政府に対抗して「スト2日間、運行3日間」を続行。加えてエールフランスのスト。

エールフランスは赤字のため2012年、サラリーの凍結を決め「黒字に転じたらその分を補填する」と約束。
2017年、エールフランス&KLMは+42%まで盛り返し、フランス側には5億8800万ユーロの利潤になりました。そこで「約束を守れ」と6%賃上げ要求のストになっています。
スト状況が一目でわかる右の表をご参照ください。

左から4月、5月、6月
赤=SNCFスト
黒=エールフランス スト
紫=祝日
オレンジ、薄緑、ブルーの線=フランスを3分割したABCゾーンの学校春休み