5月17日:エマニュエル・マクロン、大統領就任

決選投票の勝利から1週間後、5月17日午前10時。「権限の移譲」の式典で、フランソワ・オランドからエマニュエル・マクロンへ大統領の権限が移った。
1分遅れでエリゼ宮に到着したエマニュエル・マクロンはレッドカーペットを歩き、入り口で待ち受けるフランソワ・オランドと硬く握手。オランドが“独身”なので、先に到着していたブリジット・マクロンは現れず。これはフランスの公式儀礼だそう。1時間(通常30分)の移譲の話し合いの後、フランソワ・オランドは拍手の中、エリゼ宮を去った。

正午にシャンゼリゼ大通りでのパレード、午後5時にはパリ市庁舎で市長アンヌ・ヒダルゴに迎えられた。

エマニュエル・マクロンへ大統領権限の移譲式典
photo:bfmtv

エマニュエル・マクロンへ大統領権限の移譲式典
photo:L’express


photo:RTL.fr