7月11日:東京オリンピックの次はパリ?

スイス、ローザンヌで行われた国際オリンピック委員会。マクロン大統領自ら45分のスピーチ(英語&仏語。予行演習3回)を行った結果、“パリとロサンジェルスが2024年、2028年”を全員一致で承認。ただしどっちが先かは9月に決定する。

1998年(パリとアルベールヴィル《冬季オリンピック》が両方志願し、後者が勝つ)、2008年(強敵北京に負ける)、2012年(最終選考まで残りロンドンに取られる)と、3度落選しているパリ。
エマニュエル・マクロンとしても2028年だと自分は在職ではないので(大統領の任期は2期まで)どうしても2024年を獲得したいところ。

左からマクロン大統領、パリ立候補共同議長トニー・エスタンゲ、パリ市長アンヌ・イダルゴ
東京オリンピックの次はパリ?