9月14日:東京の次はパリで!一世紀ぶりのオリンピック

13日夜、ペルーのリマで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)で「2024年パリ」が正式に決定された。2028年ロサンジェルスも同時に決定。
1924-2024、一世紀ぶり、何度も立候補し落選したパリの悲願がようやく!
半分泣いているアンヌ・ヒダルゴパリ市長。ドラノエ市長の助役時代からパリ・オリンピックの推進者。
2024年パリ・オリンピック

国民の83%がオリンピック開催に素直に賛成しているものの、野党・反対派が突っ込むのは予算。
パリの予算は約66憶ユーロ(約8666憶円)と見積もられるが、過去の開催国は軒並み超過:2012年のロンドンは61憶ユーロ(約8009憶円)、2016年のリオは235憶ユーロ(約3.09兆円)。東京も3兆円まで膨らんでいて、まだ膨らみ続けるかもしれない。
“お金の話はひとます置いといて”パリは「一世紀ぶりにオリンピック開催!」の興奮に包まれている。

2024年パリ・オリンピック