11月4日:トランプ大統領、ヨーロッパでの不人気度

3日に発表されたOdoxa-Dentsu Consultingのアンケート調査によると、ヨーロッパ人の86%がトランプ大統領に批判的。
今年1月、彼が就任したときは75%が悪イメージで、ロシアのプーチン大統領と並んだ。同じ調査で、エマニュエル・マクロンとアンジェラ・メルケルはそれぞれ55%と57%の「好イメージ」という結果。
フランスでは43%が「ドナルド・トランプは任期を全うできない」
今年の初めと比べて、87%が「ますますアグレッシブ」
81%が「ますます危険」
81%が「ますますレイシスト」
極右フロン・ナショナルのシンパでさえ70%が否定的なイメージを持っている。

国別では一番不人気なのがスペイン(92%)、ついでフランス、ドイツ。アメリカは66.67%が大統領に悪イメージ。

トランプ大統領、ヨーロッパでの不人気度