12月6日:国民的ヒーローの死

フランスの国民的歌手ジョニー・アリデーが肺がんで亡くなった。74歳。
歌手生活57年、売ったアルバムは1億枚。32歳年下の5人目の妻レティシア(前妻にはシルヴィー・バルタンとナタリー・バイ)とロサンジェルスに住んでいたが、病気治療のためフランスに戻り、パリ郊外マルヌ・ラ・コケットで息を引き取った。

驚くべきはその反応。テレビ・ラジオは即ジョニー特集に切り替え、過去のインタヴュー、コンサートのシーン、政治家、友人の芸能人、ジョニーの家に詰めかけたファンたちのインタヴューを流し続けた。
「彼はフランスの英雄のひとり」とエマニュエル・マクロン。
社会党大統領候補だったブノア・アモンは「パリからエッフェル塔がなくなったようだ」

コンサートの前売りは1年前に完売する人気スターなのに、外国ではあまり知られていなかった。

ジョニー・アリデー/johnny hallyday死去