french-codeとは

french-codeについて

お決まりコースのパリはもうたくさん、もっと深く知りたい、暮らす人の視線でパリを楽しみたい方に、奥深いフランスの魅力を発見してもらおう!というテーマで、パリ・フランスを紹介しているサイトです。 パリのレストランやブティック、イベントなどの最新情報、フランス地方への小旅行のご提案など、フランスに来る予定のある方にとって役に立つ情報はもちろん、フランス人のプロフィールやマルシェの野菜紹介など、お家にいながらにしてパリとフランスの空気が伝わる内容をお届けします。

会社情報

会社名:French-code
所在地:12, rue des Tournelles 75004 Paris France
Tel :33+(0)9 82 58 89 61
代表取締役:長谷川たかこ

業務内容

■ インターネットホームページの制作・運営
より深くパリ、フランスを知りたいというリピーター&フランスのファンに向けて、新鮮な情報、フランス人の日常を発信するウェブサイトfrench-code.comを企画・運営します。
フレンチ・コードのサイト上でバナーやタイアップ記事の掲載、広告主のニーズに合わせたミニサイトを開設し広告を展開しています。

■ オンライン・ショッピングサイト運営
フランス発、日本未入荷の自然派化粧品のオンラインショップを運営しています。
コーダリー(CAUDALIE)
  フランス、ボルドーのブドウ畑から誕生したアンチエイジング スキンケア
ドゥース・アンジュヴィヌ(Douces Angevines)
  ロワール河のほとりで手作りされる100%オーガニック植物の美容液
カエ(Kaé)
  モロッコの素材をフランスの技術で。100%自然素材、アルガンオイルのスキンケア

■ フランス国内旅行の提案・予約代行
テーマ別フランス地方への小旅行を紹介。サイト上でご予約いただけます。 個人旅行の方はもちろん、企業視察などのご旅行の企画・訪問コース提案も承ります。

■ マーケティングリサーチ
「フランス旅行を予定している」「フランス製品やライフスタイルが好き」という読者プロフィールを活かし、マーケティングリサーチ、アンケート調査を承ります。

french-codeとは” への7件のコメント

  1. パソコンは得意ではありませんが、よろしくおねがいします。

  2. 「パリのふつうの生活」面白く読みました。なのでfurench-codeひらいてみました。76歳なのでどうなりますか。

    • ありがとうございます!
      ご年齢に関わらず、フランス旅行の予定あるなしに関係なく、読んでいただけたらと思っています。
      ご感想や、フランスのここが知りたい、などお寄せいただければ嬉しいです。

  3. Bonsoir! つい最近ちらっと見た番組で長谷川さんを拝見して、とても素敵な方だと憧れずにはいられなかったので、French Codeと「パリのふつうの生活」の拝見させていただきました。2年前から私たちの子育てを終えた母がパリにピアノを勉強しに行きはじめました。そして、2週間後もまた短期ですが旅立ち、そのお共に長谷川さんの著書を渡すととても喜んでおりました。
    母にはパリで新たな夢に生きて頑張ってほしいとみております。もしパリで長谷川さんのご講演会などがあったら、教えていただけないでしょうか?もしあれば、母が是非とも参加させていただきたいと申しておりますし、何より私が行きたいです。笑
    素敵なパリをお届けくださり、ありがとうございます。これからも応援しております。

    • コメントありがとうございます。
      子育てが終わったあと、パリに勉強に来られるなんて勇気ある決断ですね。
      それを応援されるYumikoさんも素敵だと思います。
      講演会などはまだまだですが、お母様の”新しい章”を応援しています。

  4. 新刊の『ワカメちゃんがパリに住み続ける理由』拝読しました。
    フランスには1年しか居りませんでしたが、仕事や人との触れ合いを通して感じたこと、言いたかったことが書かれていて、納得の連続。
    C’est pas moi なフランスに戻りたくなりました。(日本でコレを言ったら嫌がられるだろうな…)

    • Neige様
      読んでいただいてありがとうございます!
      自分勝手で人目構わずコケットなフランス人・・・私には住み心地いい場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>