アルセーヌ・エ・レ・ピプレット
Arsène et les pipelettes

色のニュアンスやちょっとレトロなデザインは、「パリっぽい!」という形容詞が浮かぶ子供服。実は南西フランス、バイヨンヌ生まれ。
小さいときから洋服の絵を描くのが好きだったクロエ・ドゥ・ベリアンクール。ペニンゲンアートグラフィック学校からパリのデュプレ造形美術学校、そしてロンドンのサン・マルタンスクールで一流のスチリストテクニックを身につけたクロエが選んだのは子供服。
2000年に子供服メーカーPetit Boyに入社し、5年後に自分のブランドを立ち上げた:Arsène et les pipelettes/アルセーヌとおしゃべりな女の子たち。故郷の南西フランスの町から発信する子供服。最初の数年は一握りのお客さんしかいなかった。3年後にクロエに赤ちゃんが生まれ、赤ちゃん服も加わった。
2011年にバイヨンヌに路面店が誕生。翌年はサン・ジャン・ド・リューズ(南西のシックなバカンス地)に、ついでトゥールーズ、2015年にはついにパリに進出。
子供服アルセーヌ・エ・レ・ピプレット/ARSENE_PIPELETTES

サン・シュルピス広場近くの小さなブティックには0~10歳の子供服がぎっしり。子供の頃「チクチクするセーターがイヤだった」ので、肌触りのいい良質の素材、ゆるめのシルエット。子供だけでなく、親も「可愛い!」と飛びつきそう。
子供服アルセーヌ・エ・レ・ピプレット/ARSENE_PIPELETTES

女の子のワンピース、セーターが50-60ユーロ、男の子のシャツ40-45ユーロ、ズボン55-60ユーロ。決して安くはないけど、こんな服を着て育ったら、さぞセンスのいい大人になるだろう!
お店には服だけでなく、アクセサリー、ぬいぐるみ、オルゴールなどもあり、子供のいる友達へのおみやげによさそうだ。

Arsène et les pipelettes

3, rue de Tournon, 75006
TEL : 01 45 48 19 06
開:火-土11h~19h
メトロ:オデオン/Odéon(4,6番線)
サン・シュルピス/ Saint-Sulpice(4番線)

3, rue de Tournon, 75006
Paris