イヌイトゥーシュ
Inouïtoosh

発色の美しさ、柔らかい肌触り・・・ここまでは上質のスカーフに共通しているけど、イヌイトゥーシュのスカーフは広げると物語が現れる。巻いているときはわからなかった絵は『パリのカフェ』『熊』『エルドラド』などなどと題され、広げだしたら止まらなくなる。額に入れたくなるスカーフはエルメスだけではなかった。

刺青の猫、タイトルは『Odoloki』驚き!

イヌイトゥーシュ/Inouïtoosh

ユーモラスで可愛いフクロウ『Chouette』は人気のキャラクター。なぜかトラが一匹迷い込んでいる。

お洒落な彼の今日のスタイル『Perfecto/ペルフェクト』。スカーフは75~155ユーロ。

北フランスの海辺で、デザイナーの女性2人が書いた絵と、インドの機織り、印刷、刺繍の技術が出会って10年。
-デッサンに1週間
-デザイナーがインドに赴き、布地、印刷方法を検討に2週間
-布織りに3週間
-シルクスクリーンに1日
という工程で生まれるスカーフは毎シーズン約50点、同じ“絵”で色のバリエーションもある。デザイナーも5人に増えた。
テーマは自然、動物、風景・・・秋・冬コレクションの素材はウール100%が中心。シルク、カシミア混もある。

ブランド誕生の2008年に地元サン・ヴァレリー・シュル・ソンムにブティック第一号。
2012年から敷居の高いデパート、ル・ボン・マルシェで販売開始。
2016年オープンのオデオン店

イヌイトゥーシュ/Inouïtooshオデオン店

厚手コットンのトートバッグ(80ユーロ)

パリジェンヌ&パリジャンは巻物の達人、コートやジャケットを見事に変身させる。
オデオン店の店長さん、マチルドも然り。セーターとジーンズがスカーフでこんなに個性的。この巻き方、真似しよう!

イヌイトゥーシュ/Inouïtoosh

日本でも約100店舗で販売されているが、パリのブティックにはスカーフ全種類のほか、シャツ、ワンピース、バッグ、インテリアも揃ってる。お値段も手ごろ。
次回のパリ滞在のお店リストに是非加えてください。

イヌイトゥーシュ・オデオン店

21 Rue de l’Odéon, 75006 Paris
営:月-土 11h-13h 14h-19h
休:日
メトロ:オデオン/Odéon(4、10番線)

inouitoosh_map2

イヌイトゥーシュ・マレ店

17 Rue des Blancs-Manteaux, 75004 Paris
営:11h30-14h 14h30-19h
無休
メトロ:サン・ポール/Saint-Paul(1番)
オテル・ド・ヴィル/Hôtel de ville(1、11番)

inouitoosh_map1