ザ・クープルス
The Kooples

コントワール・デ・コトニエは“母と娘が一緒に着れる”がコンセプト、一般から募った“母娘”カップルの広告が評判になった。
ユニクロにこのブランドを売り渡して生まれたザ・クープルス/The Kooples、コンセプトは“カップル”。
若く美しく反逆的な女子&男子の、シックでロックなライン。ジャケット、シャツ、シガレットパンツ、ショーツなどシルエットは細長く、色は黒や紺、グレイがベース、シャツのカフスにガイコツの頭とか、細いチェーンつきジャケットなどロック要素が・・・ケイト・モスの着方をさりげなくコピーしていない?
コントワール・デ・コトニエの息子3人-アレキサンドル、ローラン、ラファエル-がやっていて、上の2人がデザイン、末っ子が広告・マーケティングを担当している。
2年くらい前からそれこそ雨後のたけのこのようにあちこち現れて(6区だけで下記のリスト)、コントワール同様、ウィンドウはすべて同じルックで飾られている。
問題は高い値段設定。シャツで平均120ユーロ、ジャケット350ユーロ。中学生、高校生がうっとりウィンドウを眺めているけど、とっても手の出る値段ではない。試しに入って試着してみたら、シャツの素材は良質だし、ジャケットのカットはなるほど美しく縫製もしっかり。ガイコツの頭などついていなかったら、“若くて反逆的”じゃなくても欲しくなる。
最近、ザ・クープルスのウィンドウそっくりの男子男女がパリに増えているのが納得できる。
ソルドの時に長蛇の列ができるのもコントワールと同じ。流行らせる才能のある家族であることは間違いない。

The Kooples

6区
61 rue de Rennes
31 rue Bonaparte
21 rue Saint Sulpice
167 bld Saint-Germain(地図)
その他、あちこちに多数
営:月11h-19h
火-金 10h30-19h30
土  10h30-20h 

フランス

ザ・クープルス | The Kooples” への1件のコメント

  1. ピンバック: ホテル・ド・ヌーヴ Hôtel de Neuve | パリ発フランス情報ハヤクー::hayakoo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です