乾燥豆

乾燥豆 | Harico sec

和食が繊細でヘルシーな料理として定着し、菓子業界では青木定治が抹茶やごま、きなこを使った和素材の菓子でブームを作った。ピエール・エルメはわさびや柚子入りの革新的なお菓子を発表した。今やパリでも最先端の和テイストだが、案外 […]

ブロッコリー、カリフラワー

ブロッコリー、カリフラワー | Brocoli, Chou Fleur

ブロッコリーとカリフラワー、どちらもキャベツの仲間です。 昔、ローマ人に愛されたブロッコリーから、ある日、突然変異で生まれたのがカリフラワー。アスパラでいえばグリーンアスパラとホワイトアスパラのような関係だ。しかし栄養面 […]

アーモンド

アーモンド | Amande

フランス語で「アーモンド型の瞳」とは、切れ長の東洋的な眼のこと。タレ目や窪んだ大きな目が多いフランスでは、エキゾチックで神秘的に感じる人が多いらしい。「アーモンド形の目ね」と言われたら喜んでいい。 ところでローマ時代に地 […]

タマネギ

タマネギ | Oignon

だんだん日が短くなり、冬の訪れを感じると、ふと無性に食べたくなるものがある。やけどしそうにアツアツのオニオングラタンスープ。こんがりと焼けた表面のチーズをすくって、とろけるほど柔らかくなったパンとスープをふうふういいなが […]

イチジク

イチジク | Figue

パリブレスト、グランマルニエのスフレ、タルトタタン、イルフロタントと並んで、イチジクのオーブン焼きは、パリの食いしん坊から愛されるデザート。秋の味覚を代表するフルーツであり、フランス人の大好物である。トロリとはちみつをか […]

桃 | Pêche

フランスの桃は、日本の白桃のように果汁たっぷりの濃厚な甘さを期待すると、しばしば裏切られるけど、素朴な味わいの庶民派。甘酸っぱくて果肉のしまった黄桃が主流で、繊維たっぷり、あっさりとした甘味の白桃は少数派だ。秋になると、 […]

ナス

ナス | Aubergine

フランスのナスといえば、日本の3〜4倍もあるジャンボサイズ。スポンジのようにふわふわと柔らかくて大味なのが玉にキズだ。和風の塩漬けや焼きナスには向かないけど、オリーブオイルをふんだんに使った地中海料理とは相性がバッチリ。 […]

ほうれん草

legume_epinard

フランスのほうれん草といえば、グローブくらいの大きさの、分厚くて茎も太い巨大版。カボチャやきゅうり、なすと並んで、日本のものとはずいぶん違う外見で、お浸しや胡麻和えの純和風にはちょっと向かなそうだ。くたくたになるまで煮込 […]

栗 | Marron, Châtaigne

ご馳走のシーズンがやってきた。クリスマスから大晦日、新年にかけて、胃の休まるときがない季節。遠方からも家族が集まり、豪勢な食事をしたり贈り物をしたり、何日か前から準備してぱーっと祝うのがフランス流。各家庭によってお決まり […]

プラム

プラム | Prune

つるんとした表面にかぶりついた瞬間、みずみずしい酸味と、優しい甘味が広がる。そしてスッキリとした清涼感が身体中にしみわたっていく…プラムにはそんな甘酸っぱい、夏の思い出がつまっている。プラム(仏語でプリュンヌ)と一口にい […]

3 / 512345