パリ オート・クチュール展

パリ オート・クチュール展| Paris Haute-couture

モードの都と呼ばれたパリはオート・クチュール発祥の地。Rose bertin/ローズ・ベルタン(1747-1813)は1770年、フォーブール・サントノレ通りにクチュール・メゾンを開いた。噂を聞きつけたマリー・アントワネ […]

2012年の仏映画の総括、セザール賞発表

セザール賞/Cesar

2月22日21時〜零時、シャトレ劇場で行われたセザール賞、総合司会はアントワーヌ・ドゥ・コーヌ、”プレジデント”ジャメル・ドゥブーズ。セザール栄誉賞はケヴィン・コスナー(中年過ぎてもイイ男!)。 各賞は、ほぼ予想通りの結 […]

アングレーム国際コミック・フェスティバル

アングレーム国際コミックサロン2013/festival-angouleme-2013

恒例のヨーロッパ一のコミックサロン、アングレーム国際フェスティバルは40回目を迎え、1月31日〜2月3日まで開かれる。 去年の入場者は20万人、不況やデジタル出版の増加でコミック出版界もラクではないが、2012年には50 […]

ヴァン・クリーフ&アルペル展

Van Cleef&Alpels ヴァン・クリーフ&アルペル

1906年、アルフレッド・ヴァン・クリーフは義理の兄弟、シャルル&ジュリアン・アルペルと共同でジュエリー店を始め、最初の店をヴァンドーム広場22番地に開く。上流階級に忽ち人気を博し、ディナール、ニース、ドーヴィル、ヴィシ […]

エドワード・ホッパー展、最後の62時間ノンストップ

エドワード・ホッパー展 グラン・パレ

グラン・パレで10月10日から始まったエドワード・ホッパーの回顧展。連日最低2時間待ちと言う人気に6日間の延長となり、2月1日9時〜3日23日まで62時間ノンストップという異例の開館時間。 リアリストでシンプル、アメリカ […]

スーティン展 『混沌の秩序』

スーティン/Soutine

(間もなく終了!)モネの『睡蓮』が展示されているので知られる、オランジュリー美術館で、スーティンの作品を集めた『スーティン:混沌の秩序』が評判だ。 マティスとモディリアニと仲がよかったロシアの画家シャイム・スーティン(1 […]

三大デパートのノエル合戦

プランタン ディオールのノエル 

毎年ノエルの前には1000万人が通るというオペラ、オスマン通りのデパート街。不況の時だけに“夢を見させ、買いたくなる”ウィンドウを、と各デパートは気合を入れる。 プランタン:2012年のノエルのゲストはDIOR、題して『 […]

パリ・プラージュ

パリ・プラージュ|Paris Plage 2012

2012パリ・プラージュがオープン。ジョルジュ・ポンピドー道路の工事のため、例年より短くなったものの、パリ市庁舎前のアルコル橋からチュイルリーまでが“海岸”になった。 ペタンク、ベビー・フット、ペダル・ボート・・・ルーヴ […]

アジェのパリ

アジェのパリ

パリの風景はあまり変わらない、と思っていたがこの写真展『ユージェーヌ・アジェ、パリ』を見ると、やはり恐ろしく変わっている。 ユージェーヌ・アジェ/Eugène Atget(1857-1927)は、独学で写真を撮りだし、風 […]

バレンシアガ&川久保玲

モード&デザインのシテ DOCKS

オステルリッツ河岸にモードとデザインのシテ、Les Docks/レ・ドックが登場した。船の浮かぶセーヌが目の前に流れ、名前通り埠頭のような雰囲気、シンプル・簡素な建物に、展覧会場、ブティック、レストランが入っている。 オ […]

3 / 912345...Last »