『レティシア・カスタ』ヨーロッパ写真美術館
Laetitia Casta/Domonique Issermann

スイスの伝統的湯治場テルム・ドゥ・ヴァル(Thermes de Vals)で撮られたレティシア・カスタ。簡素なモノクロ空間に、美しい裸体が浮かび上がる。マレのヨーロッパ写真美術館写真家で開催中の写真展。撮った人、ドミニック・イセルマンはモード雑誌や高級ブランドの写真を多く撮ってきたフランス人写真家。
1990年代にChanelのChanel N°5(キャロル・ブーケ、オードレイ・トゥトゥ)、Coco Mademoiselle(ケイト・モス)Allure(アンナ・ムグラリス)、Dior のEau Sauvage、 Dolce Vita、 Dune、イザベル・ロッセリーニがイメージモデルのLancomeのTrésorなど、メジャーな香水の多くは彼女が手がけた。
でも湯治場でのレテシア・カスタは、それらの広告写真の対極のイメージ、光と影と裸体の物語のようだ。
といってもこのエクスポはどんなに見とれても20-30分しかかからない。ヨーロッパ写真美術館に来たからには他の展示も見ていただきたい。展示は3フロアに渡り、ブラジルの最近60年間の実験的フォトを集めた『Eloge du vertige』、銀塩写真に色づけしたYoussef Nabilの作品(カトリーヌ・ドヌーヴやシャルロット・ランプリングのポートレートがキッチュに変身!)など、写真と一言にいっても、撮る人によってバラエティは豊かだ。
7ユーロ払ったからには全部見て帰りましょう。

Maison Europeenne de la Phographie

5/7 rue de Fourcy – 75004 Paris
TEL: (33) 1 44 78 75 00
メトロ:サン・ポール/Saint Paul(1番)
歩・マリー/Pont Marie(7番)
開:水〜日11h-20h
休:月火
入場料:7ユーロ

75004 Paris, フランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です