10月15日:南仏に殺人的洪水

南仏オード県の豪雨(5時間で300㎜)で、トレーブ河が氾濫し、15日未明、河川付近の住民は文字通り寝込みを襲われた。家は浸水、外では泥の河が木をなぎ倒し、車や家を押し流している。
「水が口まで上がってきてうちで溺れ死ぬかと思った」という住民は危機一髪で消防隊のヘリコプターで救助された。
水位が7mに達したところもある。カルカソンヌ北の住民は、
「水位は見る見るうちに上がり、妻と息子と犬と2階に駆け上がり隣人と窓から叫び合った。消防士が溺れ死んだご老人を抱えていた。息子の学校の先生は家が流された」
死者(少なくとも)11人。7000世帯で停電。
オード県でこれほどの洪水は1891年以来だそう。

inondation Aude 南仏オード県洪水
photo:RTSfm

inondation Aude 南仏オード県洪水
photo:Actu.fr