11月13日:あれから3年・・・

2015年11月13日。フランス競技場、バタクラン劇場、カフェ、レストランの同時多発テロ。130人が死亡、350人負傷。フランスで最も殺人的なジハードの犯行から3年が経つ。
今年もパリ郊外サン・ドニのフランス競技場を皮切りに、犠牲者追悼式典が行われた。エドゥアール・フィリップ首相、クリストフ・カスタネール内務相、アンヌ・イダルゴパリ市長が参列し、計6か所の現場を訪問。テロを生き延びた人たちの後遺症は癒えず、決して忘れてはいけない悲劇だ。
去年は前大統領フランソワ・オランドとともに参列したエマニュエル・マクロンは欠席。
週末の第一次大戦休戦100周年の強行軍のせい?

パリ同時多発テロから3年

フィリップ首相、イダルゴパリ市長

パリ同時多発テロから3年