12月11日:また税金逃れで“ベルギー人になった”のは?

フランス俳優の中でもギャラが一番高いジェラール・ドパルデュー。フランス国境近くのNéchin(ネシャン)という小さな村に家を買い、ベルギーの住民票を取得した。条件は1年に180日以上住むこと。
噂は先月から流れていたけど、県長さんも承認:「のどかな田舎の風景が気に入られたようです」
それだけじゃないでしょう?
「フランスの税制を逃れるため、ベルギーに住居を探していました」
ほらね。
この週末は付近を散歩するドパルデューの巨体を村人たちが目撃した。

オランド大統領の、富裕者に多く課税する財政改革案で、ベルギーに逃げ出そうとするお金持ちは少なくない。この村にはハイパー&スーパーチェーンAuchanの社長も既に住んでいる。彼はフランス長者番付の2位。1位の ベルナール・アルノー(LVMH社長)はベルギー移住を企てたけど、メディアや世論に叩かれて諦めた模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です