オマール海老がストリートフードに
Démocratisation du homard

最近、じわじわと人気のカジュアルダウンしたオマール海老料理。パン・オ・レにオマール海老を詰めたロブスターロール専門店「ロブスターバー」の開店を皮切りに、あれよあれよという間にオマール海老のストリートフードが増えてきた。
そもそも、北米で有名なロブスターロールがパリに上陸したのは、昨今のアメリカブームの波に乗って。空前のハンバーガー旋風が起こり、一足遅れてやってきたホットドックやベーグルなどのアメリカン・ファーストフードがグルメ化した。一方、高級素材オマール海老は大衆化というわけ。
お菓子も然り。一昔前なら「着色料、カロリー過多で体に悪そう」と毛嫌いされていたカップケーキ。「チーズはデザートの前に食べるもの。砂糖を入れて食べるなんて問題外!」と敬遠されていたチーズケーキ。小ぶりなサイズに変身し、軽やかなフレンチテイストを加えたら当たった。
いつの時代もブランシェな(流行に敏感な)パリっ子は、アメリカのポップカルチャーが大好き。とはいえ、フレンチテイストのフィルターを通して、本場とは違った仕上がりにするのがフランス流だ。オマール海老のカジュアル料理もその一つ。北米のロブスターロールの決まりは、基本的に無視。オマール海老のクラブサンドイッチ、モロッコ風パンケーキにオマール海老を挟んだ“ロブスターサンド”、クロックムッシュならぬ“クロックオマール”など、よりどりみどり。海老の産地にとことんこだわるのも特徴。
「オマール海老はブルターニュ産に限る!カナダ産の大味なロブスターと違って、ブルターニュ産は身がしまっていて繊細で自然な甘みが凝縮しているのであーる」とか。輸入品の倍の値段でも、フランス誇りのブルターニュ産オマール海老を使った、スノッブなストリートフードである。お値段もご覧の通り・・・
Sakurako UOZUMI

Lobster Bar

41 rue Coquillière 75001 PARIS
営業:火-土12:00〜14:30 20:00〜22:30
日12:00〜15:00
休:月
2013年夏休み:8月3日〜23日
メトロ:ルーヴル・リヴォリ/Louvre-Rivori(1番)
パレ・ロワイヤル/Palais-Royal (1.7番)

75001 Paris, フランス

Café Prunier

41 rue Coquillière 75001 PARIS
15, place de la Madeleine 75008 Paris
Tel. : +33 (0)1 47 42 98 91
営:12:00〜14:30 19:00〜23:00
休:日
2013年夏休み:8月2日〜31日
メトロ:マドレーヌ/ Madeleine(8番)

75008 Paris, フランス

Oyster Bar du Dessirier

9 place du maréchal Juin, 75017 paris
Tél. : +33 (0)1 42 27 82 14
営:12:00〜14:15 19:00〜23:00(日曜は22:00まで)
無休、ただし8月のみ土日休
メトロ:ペレール/Pereire(3番)

75017 Paris, フランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です