地方発パティスリーがパリに続々進出:メール
la pâtisserie de province à Paris:Meert

ボルドーのカヌレ、ナントのマカロン、ブルターニュのクイニャマン・・・など、地方特産の銘菓。「そんなのパリのお菓子屋さんでも買えるじゃない?」とおっしゃるなかれ。地方にはそれぞれ独特の文化と味があり、真似できない秘伝のレシピを持っていて、なかなか“外”に出なかったのだ。そんな地方発の老舗菓子店がここ数年、続々とパリに進出中だ。
ベルギー国境近く、北フランスの都市リールからやってきた「Meert/メール」は、ゴーフル(オランダ語でwafel、英語でwaffle)が看板商品。1761年創業以来、世紀を越えて愛され続けてきた老舗だ。
ここのゴーフルは日本で流行ったカリカリの“リエージュ風”でも、フランスで主流の長方形でフワっとした“ブリュッセル風”でもない。小判状の手のひらサイズで、表面はカリッ、それとは対照的に中はふんわり。今までにありそうでなかった食感だ。薄く挟まれたバニラのクリームとバターの豊潤な香りが相性ぴったりで、シンプルながらも病みつきになる。
Meertは最近、秘伝のゴーフルレシピ本を出した。命取りじゃない?と思うが、マダガスカル産のバニラ、北フランスの濃厚なバター、そして年期の入った職人たちのダンスのような手さばきはとても真似できない。つまり自信の裏返し・・・
店内には、この地ならではのスペキュロス/Speculoos(ベルギー、オランダで食べる黒砂糖のクッキー)やパン・ダモンド/Pain d’Amande(アーモンドパウダーにスパイス、薄切りアーモンドを加えて焼いた極薄のクッキー)など多数そろえているのでお土産にも使える。

Meert マレ店

16, rue Elzevir 75003
Tél:01 49 96 56 90
営: 火10h30〜 19h 水-土11h〜 19h
日11h30〜13h30 14h〜19h
メトロ:サン・ポール/ Saint-Paul(1番)

75004 Paris, フランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です