レ・スィルコンスタンス
les Circonstances

最近評判のお店のひとつはオペラ界隈、メトロ、グラン・ブルヴァールから出てすぐ。お店は満員で、ネクタイ姿が多いのを見ると、近所の社用族のお気に入りらしい。
黒板に書かれたその日のメニュー:
-アントレ-
クリーミーな水牛のモツァレラ、イチジク、バルサミコソース
スズキのカルパッチョ、黒ラディッシュ、マンゴー
小海老のラヴィオリ、ミントとコリアンダー
・・・・
-メイン-
サンドル(パイクパーチ、淡水魚)のグリル、黒リゾット
子牛のすね肉煮込み、プチトマト、ソラマメ
ガンバス海老のロースト、野菜のピストゥーソース
アンコウのソテー、白インゲン、トマトの煮込み
・・・・
-デザート-
フレッシュフランボワーズのチーズケーキ
トロペジエンヌ風ミルフォイユ
ムース・オ・ショコラ
などなど・・・
私のアントレ、スズキのカルパッチョ。Radis noir(黒大根)は黒い皮を剥くと日本の大根と同じ白。日本人だと醤油をかけるとこを、熟れたマンゴをソースに。意外な相性。
レストラン レ・スィルコンスタンス | les Circonstances

友人のアントレ、旬の果物、イチジクとトロリとクリーミーなモツァレラの組み合わせ。「美味しい!」

レストラン レ・スィルコンスタンス | les Circonstances

メインの子牛のすね肉の煮込み。赤ワインソースのしっかりした味付けで、子牛肉はホロっと柔らかく、野菜との相性がよく、ボリュームもある。

レストラン レ・スィルコンスタンス | les Circonstances

どれも人気の訳がわかる美味しさ、伝統と新しさのミックス加減が上手い。
ランチはアントレ9ユーロ、メイン18ユーロ、デザート7ユーロ
メイン+飲み物(グラスワイン、ビール、ミネラルウォーター・・・)+コーヒー20ユーロのセットもある。夜は2皿30ユーロ、3皿35ユーロ、お任せ6皿コース45ユーロ。
14時を過ぎると、社用族たちはすーっといなくなり、木目が美しいお店の全貌が見えた。

レストラン レ・スィルコンスタンス | les Circonstances

les Circonstances

174 rue Montmartre
75002 Paris
TEL : 33 (0)1 42 36 17 05
メトロ:グラン・ブルヴァール/Grands boulevards(8-9番線)
営:昼12h-14h30 夜19h30-23h
休:土・日(月・火は昼のみ)

174 rue Montmartre 75002 Paris