バレンシアガ、暗闇の作品

バレンシアガ展、暗闇の作品/Balenciaga, l'oeuvre au noir

モード界の『巨匠』『クチュリエ中のクチュリエ』と呼ばれるクリストバル・バレンシアガ(1895-1972)。それまでコルセットで胴を締め付けていたシルエットを完全に変えた:バルーン(1950年)、チュニック(1955)、サ […]

写真展『刑務所』

写真展『Prisons/刑務所』

フランスの刑務所に初めてカメラが入り込んだ。 「2010年、私はステファン・メルキュリオの映画『À l’ombre de la République/共和国の陰で』のため、初めて刑務所の写真を撮る。その機会に刑務所総監視 […]

ピーター・リンドバーグ写真展

ピーター・リンドバーグ、ケイト・モス

70歳になるピーター・リンドバーグ、ポーランド生まれのファッションカメラマンの草分けだ。1978年、パリに移り、ナオミ・キャンベル、シンディ・クロフォード、エヴァンジェリスタ、タチアナ・パティッツ・・・など数多くのトップ […]

50年代モード展

50年代モード展 | Les Années 50

1947年、クリスチャン・ディオールはフェミニンなスタイルを発表する:バストを強調しウェストをきゅっと絞り、たっぷりしたスカート。この“砂時計”シルエットを、ハーパース・バザールの編集長、カルメル・スノウはNew Loo […]

下着のメカニック

エクスポ 下着のメカニック/La Mécanique des dessous

14世紀から今日まで、美しいシルエットのために考え出された下着の変遷を辿るエクスポジション。気を失うまで胴を締め付ける、ヒップを持ち上げる、腰を豊かに見せる、バスト、お腹を引っ込める・・・時代の流行に添って、女性が強要さ […]

パリ オート・クチュール展

パリ オート・クチュール展| Paris Haute-couture

モードの都と呼ばれたパリはオート・クチュール発祥の地。Rose bertin/ローズ・ベルタン(1747-1813)は1770年、フォーブール・サントノレ通りにクチュール・メゾンを開いた。噂を聞きつけたマリー・アントワネ […]

ヴァン・クリーフ&アルペル展

Van Cleef&Alpels ヴァン・クリーフ&アルペル

1906年、アルフレッド・ヴァン・クリーフは義理の兄弟、シャルル&ジュリアン・アルペルと共同でジュエリー店を始め、最初の店をヴァンドーム広場22番地に開く。上流階級に忽ち人気を博し、ディナール、ニース、ドーヴィル、ヴィシ […]

スーティン展 『混沌の秩序』

スーティン/Soutine

(間もなく終了!)モネの『睡蓮』が展示されているので知られる、オランジュリー美術館で、スーティンの作品を集めた『スーティン:混沌の秩序』が評判だ。 マティスとモディリアニと仲がよかったロシアの画家シャイム・スーティン(1 […]